たぽん 〜留学と筋トレ、時々日常〜

留学、筋トレなどの記事を更新していきます

スポーツ指導者は必見 熱射病の対応 

 

f:id:english_workout:20190621033157p:plain

今回は、スポーツ現場での熱射病についてです。

指導者、トレーナーの皆さんはぜひ知っておいて欲しいと思います。

 

 

 

熱射病とは? 

熱射病は熱中症のなかでも重症なものを指します。

(熱中症は、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病と分類することができます)

 

熱射病になると 

深部体温が上昇し、臓器の機能不全などで死に至るリスクがあります。

 

 

 

 熱射病の症状

 

頭痛、吐き気に加え、

意識障害や手足の運動障害があります。

 

話しかけても返事が曖昧な場合や、歩けないなど 

 少しでも怪しいと思ったら、熱射病への対処を行うようにしてください。

 

熱射病への対処

 

熱射病の対処で大切なのは、

 

深部体温を下げることです。

 

 

これだけです!

とにかく全身を冷却させることを念頭においてください!

 

 

深部体温を下げる最適な方法

 

 

2015年にNATA(全米アスレティックトレーナー協会)が発表した論文

National Athletic Trainers' Association Position  Statement: Exertional Heat Illnesses

 

によると、

 

上記のような症状があり、熱射病かも知れないと思ったら、 

 『患者の全身を氷水が入ったバスタブに入れること』が、

一番の冷却方法だと述べています。

 

*バスタブでなくても、全身が浸かれば良いので、

何か大きなケースでも大丈夫です。

 

もし全身が浸かるようなものが用意できない場合は、

『 濡れたアイスタオルを全身に巻く』

『全身を冷水を浴びせ続ける』

ことも推奨されています。

 

しかし、全身をアイスバスに入れることと比べて

冷却方法としては劣っているとも述べられているので、

 

指導者やトレーナーの方は、

練習前に、全身が浸かるようなタブや、氷水の用意を忘れずにしておきましょう。

 

まとめ

一番大事なことは、熱中症にさせないこと。

しっかり予防をすれば防ぐことができます。

  

そして、

熱射病かもしれないと思ったら、

すぐに、患者を氷水の中に全身を入れ、深部体温を下げる。

 

このことを

しっかり頭に入れておきましょう。

 

もう一度繰り返します!!

 

熱中症の予防を怠らない。

全身が浸かるタブ、氷水を用意する。

 

この2つを守ることが、

スポーツ現場での命を守ることにつながります。