たぽん 〜海外とスポーツ、時々日常〜

海外、スポーツなどの記事を更新していきます

理学療法士(PT)を目指す高校生必見! 国公立大学を目指すべき大切な理由

f:id:english_workout:20190328023304p:plain

 

今回は、理学療法士を目指す方に向けて

国公立大学とそれ以外の学校で違いは

あるのかを解説していきます。

 

そして、

なぜ国公立大学を目指すべきなのかを

一個人の意見として書いていきたいと思います。

 

 

私立大学と専門学校の違い

 

 

 

まず、私立大学と専門学校の違いですが、

 

 

私立大学

専門学校

学校数

4年制82校

4年制65校

 

短大6校 

3年制84校

授業内容

大きな違いはなし

就職

差はほぼなし(個人の魅力次第)

給料

差はなし

 

私立大学と専門学校の違いは、ほとんどありません。

 

どの学校に行こうが、勉強する環境は揃っているので、

自分次第ということになります。

 

しかし、

国公立大学とそれ以外の大学では、

大きな違いが2つあります。

 

 

国公立大学との違いはかなり大きい

 

以下の表をご覧ください。

 

 

国公立大学

それ以外の学校

学校数

24校

234校

学費(4年間)

約250万円

約500〜800万

生徒数

約20人

約40〜80人

授業内容

大きな違いはなし

就職

差はほぼなし(個人の魅力次第)

給料

差はなし

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 学費

 

まず大きく違ってくるのが、学費です。

 

上の比較表を見てもらえば分かりますが、

国公立大学とそれ以外で違うところは

学費と生徒数だけです。

 

国公立大学もそれ以外の学校も入ってしまえば、

何も違いはありません。

 

実習も国家試験も自分自身の力で乗り越えるのです。

 

学校による差は学費だけだと思ってください。

 

お金が全てではありませんが、お金は大事です。

 

私立大学に行って理学療法になることは

お金の無駄でしかありません。

(*研究をしたいという方はそうとは限りませんが、)

 

 

みなさん全員に、国公立大学を受験する権利はあります。

せっかく目指すなら国公立大学を目指しましょう。

 

高校最後の1年間を必死に勉強するだけです。

それだけで、金銭面がかなり変わってきます。

 

理学療法士になったら、

一生勉強していかなければいきません。

 

高校最後の1年間から勉強を開始するべきだと思います。

 

 

生徒数

 

もう一つ良い点を挙げるとするなら、

国公立大学は生徒数が少ないことです。

 

人数が少ない分、

コミュニケーションがとりやすくなり、

授業での生徒1人とのディスカッションも増え、

より授業が理解しやすくなります。

 

 

 

まとめ

 

正直に言うと、

 

どの学校であろうが、違いはありません。

どの学校であろうが、理学療法士になれます。

 

就職してしまえば、

どの大学を出ようが、専門学校だろうが関係ありません。

 

理学療法士になった後の方が

勉強をすることが多いかもしれません。

 

しかし、

同じように理学療法士になるのに、

4年間で約300万円も学費が変わってくることがあります。

 

たった1年必死に勉強するだけで、変わります。

お金を無駄にしないでください。

 

 

4年間で理学療法を学ぶだけでは、ありません。

 

自分の視野を広げるなど、自分の魅力を広げることに

お金をかけてください。

 

 

『お金を無駄にしない』

これが国公立大学を目指すべき理由です。